文弥人形への取組

文弥人形とは・・・

佐渡おけさや鬼太鼓(おにだいこ)と並ぶ佐渡の伝統芸能のひとつで、三味線による弾き語りと、衣装を含めて1メートルほどになる人形を遣う人形芝居。演じる場面は様々ありますが、高千中学校では「粟津ヶ原」を練習しています。

 

練習風景

生徒たちの練習風景です。総合的な学習の時間を使って、三味線グループと人形遣いグループに分かれて練習しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

練習には、地域の方々にご協力いただきました。

 

 

舞台披露 ※地域のイベントや学校行事で披露しました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「粟津ヶ原」動画  (2016年 相川体育館にて)